毎日を笑顔で (^。^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐渡の「文弥人形」

<<   作成日時 : 2017/03/10 18:32  

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 13

3月5日(日)
私が食材を買っているパルシステムで
1年間 契約してお米を買っています。

その契約しているお米が
佐渡の「トキを育むお米」
棚田でできる“コシヒカリ”です。

そんなご縁で
佐渡「文弥人形」上演会の招待状をいただきました

野生の「トキ」が最後まで生息していた佐渡島の野浦地区で、重要無形民俗文化財として受け継がれる「文弥人形」
座員は、半農半漁の暮らしを営みながら週1回の厳しい稽古に励んでいる。


会場は 四谷ひろば講堂(東京おもちゃ美術館1階)

「前の方がいいよね」
と、2列目の席に座っていたのですが
最前列に座っている人が なぜだか席を移動

ラッキー
ちゃっかりと最前列に

開会のあいさつがあり
「佐渡の環境について」 の講演
パネルを使って お勉強
“太夫”であり、専門学校の先生が お話してくれました。
若くてハンサムな先生です。

画像 そして始まった
 祝いの舞 「春駒」

 地方(唄い方)と舞方さん

 陽気で、ちょっとエッチな

 楽しい舞でした。


この上演会に参加すると もれなく お米3合 いただけます。
主人と二人 合わせて6合

なんと、最前列に座っていたおかげで
「春駒」の舞方さんからも
主人はお酒 私はお米のプレゼント をいただいちゃいました

画像 上映@ 「弁慶五條の橋」

 “文楽” と言うのは
 人形を3人で操りますが
 この “文弥” は
 1人で人形を操ります。

 なので、動きが激しい
画像
牛若丸と弁慶の戦いです。
右へ左へ 立ち廻りも素早い

上映@の部は 新人さんが担当
「佐渡の環境について」の講演をしてくれたハンサム先生は
こちらの“太夫”です。


画像 上映A
 「菟原の里 林住家の段」

  公家で乳母をしていた
  おばあちゃん
  暇をとって
  一人暮らしをしているところに
  薩摩守忠度が現れ

  追いかけるように恋仲の菊の前が来る ラブラブストーリー

  勘当していた息子が 家宝の刀を盗みに入る コメディー

  さらにさらに 薩摩守忠度源氏の兵士激しい立ち廻り

初めて見る 日本の伝統芸能 で
牛若丸と弁慶 のお話は よく知る所でしたが
林住家の段 最初に 内容の説明がありましたが。。。
人形の上映を見てなんとか理解ができました

最後に 人形を触らせてもらえて
なかなかの重さに ビックリ
この人形を持っての立ち廻りって スゴッ  

平均年齢は なかなか高いそうでしたが
若い人もチラホラ 頑張って伝承してもらいたいですね  

日本芸能 「文弥人形」 楽しんできました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
最前列で観る事が出来たのはラッキーでしたね
…で、何故席を移動されたのでしょうね、勿体ないなぁ〜。
日々の暮らしをしながらの週一の厳しい稽古でこうして上演会までされそれが重要無形民俗文化財、頭が下がります。
日本芸能ってなかなか観たり触れたりする機会は少ないと思います、ケセラセラ子さんは良いご縁に巡り合えて良かったですね。
ラブストーリーにコメディー伝統芸能もなかなか面白いやるじゃんって思います。。。



きょんたん
2017/03/11 06:42
芸術の早春・・って感じですね
私、歌舞伎も文楽も全く縁がなくって・・
最も、芸術性の高いもの全般かもしれません(^_^;)
テレビでしか見たことないのですが、何を言ってる
のかさえ聞き取れません
耳が良くないのもあるかも・・・
でも、一度は体験してみたいですねぇ〜

キャサリン
2017/03/11 19:36
「文弥人形」上演会、内容が濃くて、とても面白そうです。
伝統文化を残していく事は、大事な事ですよね。
更に、最前列ゲット、更にお米&お酒ゲット。
良い事ずくめ日、そんな日ならいつでも大歓迎ですよね。
keitaro
2017/03/12 03:12
こんにちは♪
身近で文化に触れられるのは嬉しいですね。
重い人形を一人で操るのは技術的にも体力的にも難しいのでしょうね!!
若い後継者があると良いですね。
おみやげ付きの文化との触れ合いの良い一日でしたね
まきちゃん
2017/03/12 11:39
きょんたんさん、(^-^*)/コンニチハ
そうですよね。最前列に最初に座られた方 なぜ 席を移動してしまったのか疑問です。すごーく いい席だったんですよ。
無形民俗文化財を継承しているグループがいくつかあるそうですが 今回 上映してくださったグループは 若い人も何人かいて活気があるそうです。
あまり詳しくないのですが、上映された二つの演目は歌舞伎や文楽では有名なお話のようです。勉強不足です(*゚.゚)ゞポリポリ
勉強不足ですが楽しんできました(*^^)v
ケセラセラ子
2017/03/13 15:39
キャサリンさん、(^-^*)/コンニチハ
プロの歌舞伎や文楽ではなく ぐっと庶民的な感じがして 今回の「文弥人形」はとても なじみやすく楽しめました。
確かに、言葉は難しいですね。話しの内容も しっかりと勉強しないと難しい。
いつか、歌舞伎や文楽を見てみたいと思いましたが その前に勉強してからかな〜
お金を払って観に行って 「なんだかさっぱりわからん」では 悲しいですからね。
ケセラセラ子
2017/03/13 15:46
keitaroさん、(^-^*)/コンニチハ
佐渡の環境についてのお勉強会から始まり 「文弥人形」の説明 上映されるものがたりの説明と とても丁寧で 初心者にやさしい上映会でした。
最前列でしかも中央の席 ♪ お土産までいただいて 超ラッキーでした。今後、我が家のお米は佐渡産のお米でーす \(~o~)/
ケセラセラ子
2017/03/13 15:50
まきちゃん、(^-^*)/コンニチハ
こんな催し物があったら 積極的に参加したいと思いました。
人形の扱いは大変そうでした。片手で人形を支えながら首を動かしたり、手を動かしたり あっちへこっちへと移動したり
若い後継者もいらっしゃるようでしたよ。一人、弁慶の人形を操る予定の方が 妊娠中で急きょ 別の人になったそうです。産後、元気な身体になったら 復帰してもらいたいですね。
ケセラセラ子
2017/03/13 15:54
佐渡には 何度か行きましたが 文弥というのは知りませんでした。
最前列で見られたのは ラッキーでしたね〜。
トキをはぐくむお米 ですか。
野生のトキ どんどん繁殖してくれるといいですね。
あさがお
2017/03/15 12:49
あさがおさん、(^-^*)/コンニチハ
お話を聞いて、佐渡の棚田を見てみたくなりました。私は、過去 1度だけ佐渡へ行ったのですが まだ子どもたちが小さくて 海で遊ぶことがメインでした。もう一度行ってみたいです。
野生のトキを守るために 農薬を減らして取り組んでいるそうです。応援したいですね。
ケセラセラ子
2017/03/15 13:50
ケセラセラ子さん!
こんにちは!
お米のご縁で、
佐渡の「文弥人形」を観劇!
貴重な体験をされましたね。
良かったですね。

ケセラセラ子さん!
今日も、素晴らしい一日でありますように、祈っています。
はしる
2017/03/15 15:19
佐渡って書いてあったので来られたのかと思ったらそっちに逆に行ったんですね。
お米は記憶だと「トキがふんじゃった米」だったかと思ったのですが、自然環境の保護ということでトキの名前を付けたお米も色々とあるんでしょうか?
それにしてもラッキーなことで何よりでした。今度は佐渡の夜の薪能でもいかがですか?
はるばる
2017/03/16 15:45
ケセラセラ子さん!
こんにちは!
いよいよ春本番ですね!
ケセラセラ子さん!
今日も、素晴らしい一日でありますように、祈っています。
はしる
2017/03/24 15:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐渡の「文弥人形」 毎日を笑顔で (^。^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる